WindowsXP搭載パソコンが間もなく提供終了

今お使いのアプリケーションはWindows7に対応していますか?

2010年10月22日をもって、パソコンメーカはWindowsXPを搭載したパソコンの出荷ができなくなります。
※ダウングレードできなくなるわけではありません(詳細は後述)

高価な業務用ソフト、自社専用ソフトなどをお使いの方は、今のうちに購入したほうがいいかもしれません!

今後のことを考えれば新しいOSに対応させるべきですが、アップグレードにかかる費用は非常に高額であることが多く、たちまちの出費を考えると簡単には決断できません。

今のまま使い続けたいと思っても、パソコン本体は老朽化し、新品購入価格に近い(場合によってはそれ以上の)修理費が係るとなれば、買い換えざるを得なくなります。

そして新しいPCに入っているのは、最新のWindows7。

しかし、今使用しているアプリケーションはWindows7では動作保証されていない。

さて、どうすればいいのでしょうか?

 

OEM版の(パソコンにプリインストールされている)Windowsには「ダウングレード権」というものがあります。

ダウングレード権とは、最新OSのライセンスによって、過去のOSを利用する権利のことで、パソコンにプリインストールされるOEM版Windows 7の場合、Professional以上のエディションでダウングレード権が付与され、Windows Vista BusinessやWindows XP Professionalなどへのダウングレードが可能になります。

現状では、パソコンメーカ側でダウングレード権を行使して、WindowsXPをプリインストールしたパソコンを出荷しており、割と簡単にWindowsXP搭載パソコンを手に入れることができます。
※簡単と言っても、家電量販店に並んでいる類のものではありません。

これが2010年10月22日以降、出荷できなくなってしまうのです。

この日以降であっても、ダウングレード権自体は、Windows7の提供期間終了まで延長されていますので、自分でダウングレード作業を行うのであれば、WindowsXPを搭載した新しいパソコンを用意することは可能です。

しかし、出来ますか?
WindowsXPのインストールメディアを入手し、Windows7インストール済みのハードディスクをフォーマットし、WindowsXPをクリーンインストール。
その上で、本体の仕様に合うWindowsXP対応のデバイスドライバを探してダウンロードし、インストール。

上記の文章が理解できないようであれば、自分でやるのはおそらく無理でしょう。

私たちプロにご依頼いただいても、それなりの費用がかかります。

つまり、Windows7に対応していないアプリケーションソフトを使用しており、アップグレードをする費用が高すぎて手が出ないという方は、WindowsXP搭載パソコンが出荷されているうちに買っておきましょうというご案内です。

ご注文から出荷までには少し時間がかかります。9月末までにご相談ください。

カテゴリー:お知らせ | 投稿者:田中 達也